ネットワークエンジニアに必要な能力や経験

インターネットは社会インフラとなっており、ネットワークエンジニアの需要は増大しています。ネットワークエンジニアとしてまず必要となるのが、ネットワークの運用や監視のスキルや経験です。ネットワークが正常に稼働しているかどうかを監視して、障害が発生した時は原因を切り分けて復旧作業を行うとともに、ネットワーク機器のファームウェア更新などの保守作業が運用や監視の仕事に求められます。

さらに、ネットワークを設計したり構築したりするスキルも必要です。ネットワーク設計には、理論設計と物理設計の2つが関係します。論理設計ではIPアドレスやサブネットマスク、デフォルトゲートウェイの割り当てを行い、ルーティング情報を設計図に記載します。物理設計では、ネットワーク機器の物理的な位置やポート接続図などの作成が行われます。そのため、ネットワークの仕組みを理解し、使用するネットワーク機器に精通していることが大事です。また、ネットワーク構築には、実際に作業する工程を作成し、スケジュール調整したり、テスト計画を策定する経験が必要になってきます。

ネットワークの設計や運用には、顧客との折衝や他部署との調整業務が伴います。そのため、社内だけでなく対外的なコミュニケーション能力も求められます。要件定義書や設計図、運用計画書などの文書を作成するスキルも必要でしょう。そして、プロジェクトを推進するためのマネジメントスキルは、上流工程の仕事に不可欠です。